『日本の美術』休刊のお知らせ

各 位

(日本の美術「監修のことば」より 一九六六年 東京国立博物館館長・浅野長武)


 小誌は、各号がちょうどひとつの展覧会であるように、ひとつのテーマに関する図版を多く集め、その歴史的・文化的背景を含めた深い理解を、研究者のみならずひろく一般に供する場として昭和四十一年(一九六六)に創刊されました。
 創刊から四十三年間は株式会社至文堂から、その後二年半は株式会社ぎょうせいから刊行され、足掛け半世紀近くにわたり皆様のご愛顧をいただいて参りました小誌ですが、誠に勝手ながら諸般の事情により第五四五号をもちまして休刊とさせていただくことになりました。
 有史以前からのわが国の美術の全容という茫漠たる領野を、各号それぞれの切り口で照らし出そうと試みて参りましたものの、これまでの全五四五号という灯火をもってしてもどの程度を明かすことができたのか、いまだ前途遼遠の思いではございますが、以後は後進の活躍に期したく存じます。
 皆様には小誌を長らくご愛顧いただき、心より御礼申し上げます。
 有難うございました。

『日本の美術』編集部 中村昇司




HOMEへ